外国人技能実習生受入れの協同組合フォワード外国人技能実習生受入れ事業>外国人技能実習生受入れの人数、期間

外国人技能実習生受入れの人数・期間について

企業1社当たり、1回に受入れる外国人技能実習生人数は、企業の常勤職員数によって決まります。具体的には下の表のとおりとなります。

外国人技能実習生受入れ人数枠

常勤職員数 50人以下 51人〜100人以下 101人〜200人 201人〜300人
技能実習生
受入れ人数
3人まで 6人まで 10人まで 15人まで

外国人技能実習生受入れの期間

1例を挙げて外国人技能実習生受入れのモデルをご説明いたします。常勤職員の人数が50人以下の企業の場合、受入れ可能な外国人技能実習生(1号)の人数は、3人となります。3人の外国人技能実習生(1号)を受入れ、雇用契約を締結します。1年間の技能実習(1号)を行います。技能実習(1号)期間終了後、技能実習(2号)として技能実習生(1号)を受入れることができます。

常勤職員数50人以下の企業の外国人技能実習生受入れイメージ

常勤職員数が50人以下の企業様の場合、受入れ人数は、1年目は3人で3年目に技能実習生合わせて最大9人受入れることが可能となります。

技能実習生受入れ可能人数

常勤職員数50人以下の企業の外国人技能実習生受入れイメージ2

受入れ可能人数は、受入れ企業様の常勤職員数によって異なります。